キャッシュレス決済完全攻略ガイド★普及率・利用状況・お得術を徹底解説!時間もお金も賢く節約する方法を初心者から上級者まで完全網羅

キャッシュレス決済完全攻略ガイド★普及率・利用状況・お得術を徹底解説!時間もお金も賢く節約する方法を初心者から上級者まで完全網羅
この記事を書いた人
ファイナンシャルプランナー
ぴろ君

FPとしてお金にまつわる知識や情報を発信しています。
家計管理や資産運用、ライフプランニングなど、お金の様々な悩みや問題解決のお手伝いをいたします。

【経歴】
現在昼間は会社員として働いていますが、お金の苦労を経験したことをきっかけにFPの資格を取得。
AFP認定を受け、ファイナンシャルプランナーとして活動を開始しました。
現在は大学で経営・経済を学びながら(在学中)、FPとしての知識をさらに深めています。

【資格】
AFP(日本FP協会認定)
【得意分野】
家計管理
資産運用
ライフプランニング
教育資金
老後資金

【メッセージ】
お金の悩みは誰にでもあります。私自身、お金で苦労した経験があるからこそ、あなたの悩みに寄り添い、解決に向けて全力でサポートいたします。お気軽にご相談ください。

ぴろ君をフォローする

こんにちは、ぴろ君です!

あなたは使っていますか?キャッシュレス決済は、現代社会において不可欠な存在になりつつあります。現金を使わずに支払いをするこの方法は、時間とお金を節約できるだけでなく、ポイント還元やキャンペーンを活用することで、さらにお得に利用できます。

この記事では、キャッシュレス決済の種類、メリット・デメリット、人気ランキング、初心者から上級者まで役立つお得な活用術に加え、日本全国の普及率や世代別利用状況、そしてセキュリティ対策まで徹底解説します。

※本ページにはプロモーションを含みます。

キャッシュレス決済とは?基本から徹底解説

キャッシュレス決済とは?基本から徹底解説

キャッシュレス決済とは、現金を使わずに商品やサービスの支払いを行う方法です。

クレジットカード、デビットカード、電子マネー、QRコード決済など、様々な種類があります。それぞれの特徴を理解し、自分に合った決済方法を選ぶことが大切です。

キャッシュレス決済の種類と特徴

  1. クレジットカード:
    • 特徴
      後払い方式で、利用した金額を後日まとめて支払います。
    • メリット
      ポイント還元率が高いものが多く、高額な買い物やネットショッピングに向いています。分割払い、リボ払いなどの支払い方法も選択できます。
    • デメリット
      使いすぎに注意が必要。不正利用のリスクもあります。
    • 代表的なブランド
      VISA、Mastercard、JCB、American Express、Diners Club
  2. デビットカード:
    • 特徴
      預金口座から即時に引き落とされる方式です。
    • メリット
      残高以上の利用ができないため、使いすぎを防ぐことができます。
    • デメリット
      クレジットカードに比べてポイント還元率が低いことが多いです。
    • 代表的なブランド
      VISAデビット、JCBデビット
  3. 電子マネー:
    • 特徴
      事前にチャージした金額を利用するプリペイド方式です。
    • メリット
      少額決済に向いており、コンビニやスーパーなどでの利用に便利です。
    • デメリット
      チャージの手間がかかります。
    • 種類
      交通系電子マネー(Suica、PASMOなど)、流通系電子マネー(WAON、nanacoなど)、その他(楽天Edy、QUICPayなど)
  4. QRコード決済:
    • 特徴
      スマートフォンアプリでQRコードを読み取って支払いを行います。
    • メリット
      ポイント還元率が高いものが多く、日常のお買い物に向いています。スマホ一つで支払いが完結するため、手軽で便利です。
    • デメリット
      電波状況が悪いと利用できない場合があります。
    • 代表的なサービス
      PayPay、楽天ペイ、d払い、au PAY、LINE Pay

キャッシュレス決済のメリット・デメリットを徹底比較

キャッシュレス決済のメリット・デメリットを徹底比較

メリット

  • 時間短縮
    財布から現金を取り出す手間が省け、スムーズに支払いができます。レジでの待ち時間短縮にもつながります。
  • ポイント還元
    多くのキャッシュレス決済でポイント還元があり、現金払いよりもお得に利用できます。ポイントを貯めて商品やサービスと交換することも可能です。
  • 家計管理
    利用履歴がアプリなどで確認でき、いつ、どこで、何にいくら使ったのかを把握しやすいため、家計管理がしやすいです。
  • 衛生面
    現金を触る必要がなく、衛生的です。特に感染症対策の観点からも注目されています。
  • セキュリティ
    不正利用時の補償制度がある場合があります。クレジットカード会社や決済サービスによって補償内容が異なるため、事前に確認しておきましょう。

デメリット

  • スマホの充電切れや紛失
    スマートフォンが使えない状況では利用できません。充電切れや紛失に備えて、予備のバッテリーや別の決済手段を用意しておくことをおすすめします。
  • 通信環境
    電波状況が悪いと利用できない場合があります。地下や山間部など、電波が届きにくい場所では注意が必要です。
  • セキュリティ
    不正利用のリスクがあります。パスワードや生体認証を設定し、セキュリティ対策をしっかり行いましょう。
  • 利用できない店舗
    まだ現金のみの店舗も存在します。事前に利用できるかどうか確認しておきましょう。
  • 使いすぎ
    クレジットカードや後払い方式の決済サービスは、使いすぎに注意が必要です。利用明細をこまめに確認し、計画的に利用しましょう。

人気QRコード決済ランキング

  1. PayPay
    利用者数No.1!幅広い店舗で利用可能。キャンペーンも多く、ポイント還元率が高い。ソフトバンクやYahoo! JAPANとの連携も魅力です。
  2. 楽天ペイ
    楽天ポイントとの連携が魅力。楽天ポイントカード加盟店ではポイント二重取りも可能。楽天経済圏を利用している方におすすめです。
  3. d払い
    ドコモユーザー以外も利用可能。dポイントが貯まりやすく、dポイント加盟店での利用がお得。ドコモの携帯料金と合算して支払えるのも便利です。

初心者必見!キャッシュレス決済の始め方

  1. QRコード決済
    • 普段よく利用するコンビニやスーパーで使えるQRコード決済サービスを選びましょう。
    • アプリをダウンロードし、アカウント登録を行います。
    • 銀行口座やクレジットカードを連携させ、チャージしておきましょう。
  2. 交通系電子マネー
    • 最寄り駅で利用できる交通系電子マネーを選びましょう。
    • カードを購入し、チャージしておきましょう。
    • オートチャージ機能を設定しておくと便利です。
  3. クレジットカード
    • 年会費無料のクレジットカードから始めましょう。
    • ポイント還元率が高いカードや、自分のライフスタイルに合った特典があるカードを選びましょう。

上級者向けさらなるお得術

上級者向けさらなるお得術
  1. キャンペーンやポイント還元を最大限に活用
    各決済サービスが実施しているキャンペーンやポイント還元情報をこまめにチェックし、お得なタイミングで利用しましょう。アプリの通知設定やメールマガジン登録が便利です。
  2. 複数の決済サービスを使い分ける
    利用シーンや店舗によって、還元率の高い決済サービスを使い分けることで、より多くのポイントを獲得できます。例えば、ドラッグストアでは特定の電子マネー、コンビニではQRコード決済、ネットショッピングではクレジットカードなど、使い分けるとお得です。
  3. ポイ活サイトを活用
    ポイ活サイトを経由してネットショッピングをすることで、ポイントの二重取り、三重取りも可能です。楽天Rebates、ハピタス、モッピーなどが人気です。

キャッシュレス決済のセキュリティ対策:安全に利用するための注意点

キャッシュレス決済のセキュリティ対策:安全に利用するための注意点

キャッシュレス決済を利用する上で、セキュリティ対策は非常に重要です。以下の点に注意して、安全にキャッシュレス決済を利用しましょう。

  • パスワード管理
    推測されにくい複雑なパスワードを設定し、定期的に変更しましょう。
  • 生体認証
    指紋認証や顔認証など、生体認証を利用することでセキュリティを強化できます。
  • アプリのセキュリティ設定
    利用するアプリのセキュリティ設定を確認し、必要な設定を有効にしましょう。
  • フィッシング詐欺
    不審なメールやSMSに記載されているURLをクリックしないように注意しましょう。
  • 不正利用の監視
    利用明細をこまめに確認し、身に覚えのない利用がないかチェックしましょう。

キャッシュレス決済の未来:さらなる進化と普及

キャッシュレス決済の未来:さらなる進化と普及

キャッシュレス決済は、今後もさらなる進化と普及が予想されます。例えば、生体認証技術の進歩により、より安全でスムーズな決済が可能になるでしょう。また、スマートフォンだけでなく、ウェアラブルデバイスやIoT家電など、様々なデバイスでの決済も普及していくと考えられます。

さらに、キャッシュレス決済の普及は、店舗の省人化や業務効率化にも貢献し、社会全体の生産性向上にもつながることが期待されています。

キャッシュレス決済の日本全国の普及率

キャッシュレス決済の日本全国の普及率

経済産業省の調査によると、2022年の日本のキャッシュレス決済比率は36.0%でした。これは、111兆円の決済がキャッシュレスで行われたことを意味します。(参考:経済産業省「キャッシュレス・ビジョン」)

しかし、NIRA総合研究開発機構の調査によると、2023年にはキャッシュレス決済比率は70.6%まで上昇したと推計されています。(参考:NIRA総合研究開発機構「キャッシュレス化の現状と課題」)

この違いは、調査対象や方法の違いによるものと考えられますが、いずれにしてもキャッシュレス決済の利用が急速に拡大していることがわかります。

政府は、2025年までにキャッシュレス決済比率を40%まで引き上げる目標を掲げており、さらなる普及促進策を打ち出しています。

年齢層別・世代別のキャッシュレス決済利用状況

年齢層別・世代別のキャッシュレス決済利用状況

一般的に、若年層ほどキャッシュレス決済の利用率が高い傾向にあります。

特に20代、30代では、QRコード決済の利用率が高く、日常の買い物で積極的に活用されています。一方、高齢層では、クレジットカードの利用率が高いものの、QRコード決済や電子マネーの利用率は比較的低い傾向にあります。(参考:総務省「令和3年通信利用動向調査」)

  • 10代・20代
    QRコード決済、電子マネーを中心に利用。ポイント還元やキャンペーンに敏感。
  • 30代・40代
    クレジットカード、QRコード決済を併用。ネットショッピングや公共料金の支払いにも利用。
  • 50代以上
    クレジットカードが中心。現金払いからの移行が進んでいる。

キャッシュレス決済と地域経済:地方創生への貢献

キャッシュレス決済と地域経済:地方創生への貢献

キャッシュレス決済は、地方経済の活性化にも貢献しています。

例えば、観光地でのキャッシュレス決済導入は、インバウンド観光客の利便性向上につながり、消費拡大が期待できます。また、地域独自の電子マネーやQRコード決済を導入することで、地域経済の循環を促進する取り組みも進んでいます。

キャッシュレス決済でスマートな生活を!

キャッシュレス決済は、私たちの生活をより便利で豊かにしてくれるツールです。この記事で紹介した情報を参考に、自分に合ったキャッシュレス決済を活用して、より便利でお得な生活を送りましょう!

それでは、また別の記事でお会いしましょう。
以上、ぴろ君でした!