【保存版】電気代高騰も怖くない!この夏を快適に乗り切るための節電・暑さ対策完全ガイド

【保存版】電気代高騰も怖くない!この夏を快適に乗り切るための節電・暑さ対策完全ガイド
この記事を書いた人
ファイナンシャルプランナー
ぴろ君

FPとしてお金にまつわる知識や情報を発信しています。
家計管理や資産運用、ライフプランニングなど、お金の様々な悩みや問題解決のお手伝いをいたします。

【経歴】
現在昼間は会社員として働いていますが、お金の苦労を経験したことをきっかけにFPの資格を取得。
AFP認定を受け、ファイナンシャルプランナーとして活動を開始しました。
現在は大学で経営・経済を学びながら(在学中)、FPとしての知識をさらに深めています。

【資格】
AFP(日本FP協会認定)
【得意分野】
家計管理
資産運用
ライフプランニング
教育資金
老後資金

【メッセージ】
お金の悩みは誰にでもあります。私自身、お金で苦労した経験があるからこそ、あなたの悩みに寄り添い、解決に向けて全力でサポートいたします。お気軽にご相談ください。

ぴろ君をフォローする

こんにちは、ぴろ君です!

今年早くも、夏日を観測する地域が多く出始め、記録的な猛暑つづきそうな予感がします。しかし、そこで気になるのが、「電気代」ですよね。今年は値上がりの影響もあって電気代の高騰は家計にとって大きな負担です。

ですが、ちょっとした工夫と賢い選択で、快適さを保ちながら電気代を大幅に節約することができます。

本記事では、エアコンの効率的な使い方から、家電の選び方、暑さ対策グッズ、さらにはエアコンなしで涼しく過ごすための裏ワザまで、2024年最新の節電・節約術を徹底解説します。

※本ページにはプロモーションを含みます。

【エアコン編】賢く使って電気代を大幅ダウン!

【エアコン編】賢く使って電気代を大幅ダウン!

設定温度を見直そう!

冷房の設定温度を28℃にするだけでも、27℃に設定するよりも消費電力を約20%削減できます。環境省も推奨する「クールビズ」を取り入れ、無理のない範囲で設定温度を上げてみましょう。

ワンポイントアドバイス
扇風機やサーキュレーターを併用すると、体感温度を下げることができ、さらに節電効果を高められます。

フィルターは2週間に1回掃除!

フィルターは2週間に1回掃除!

エアコンのフィルターにホコリが溜まると、空気の流れが悪くなり、冷房効率が低下します。フィルターの掃除は2週間に1回を目安に行い、清潔な状態を保ちましょう。

ワンポイントアドバイス
フィルター掃除の際は、掃除機でホコリを吸い取った後、水洗いをしてしっかりと乾燥させましょう。

風向きは上向きで効率アップ!

冷たい空気は下に溜まる性質があるため、エアコンの風向きを上向きに設定すると、部屋全体を効率的に冷やすことができます。

ワンポイントアドバイス
風が直接体に当たると体が冷えすぎてしまうため、風向きを調整して、体に直接風が当たらないようにしましょう。

自動運転モードで賢く節電!

エアコンの自動運転モードは、室温に合わせて風量や風向きを自動で調整してくれるため、無駄な電力消費を抑えることができます。

ワンポイントアドバイス
自動運転モードは、外出時や就寝時など、こまめな温度調整が難しい場合に特に便利です。

室外機周辺はスッキリと!

室外機周辺はスッキリと!

室外機周辺に物を置くと、排熱が妨げられ、エアコンの効率が低下します。室外機周辺は常に整理整頓し、風通しの良い状態を保ちましょう。

ワンポイントアドバイス
室外機に直射日光が当たる場合は、日よけを設置することで、さらに効率を上げることができます。

【家電編】選び方・使い方で電気代を賢く節約!

【家電編】選び方・使い方で電気代を賢く節約!

冷蔵庫は「中」設定で十分!

冷蔵庫の設定温度は、食品の種類や量に合わせて調整しましょう。多くの場合、「中」設定で十分な冷却効果が得られます。

ワンポイントアドバイス
食品を詰め込みすぎると、冷気が循環しにくくなり、消費電力が増加します。7割程度を目安に、ゆとりを持って食品を収納しましょう。

照明はLEDに交換!

照明はLEDに交換!

LED照明は、白熱電球と比べて消費電力が約1/5と非常に省エネです。まだLED照明に交換していない場合は、この機会に検討しましょう。

ワンポイントアドバイス
照明器具ごと交換するだけでなく、電球のみをLEDに交換できるタイプもあります。

待機電力をこまめにカット!

テレビやレコーダーなど、使っていない家電のコンセントはこまめに抜きましょう。また、電源タップを活用して、複数の家電の電源を一括でオフにするのも効果的です。

ワンポイントアドバイス
コンセントを抜くのが面倒な場合は、スイッチ付きの電源タップを利用すると便利です。

電力会社を見直して節約!

電力会社によっては、夏場の電気代が安いプランや、再生可能エネルギーを利用したプランなどがあります。複数の電力会社を比較検討し、自分に合ったプランを選びましょう。

ワンポイントアドバイス
電力会社の切り替えは、インターネットや電話で簡単に手続きできます。

太陽光発電で電気代を大幅削減!

太陽光発電で電気代を大幅削減!

太陽光発電は、設置の初期費用はかかりますが、長期的に見ると電気代を大幅に削減できる可能性があります。国や自治体の補助金制度も活用しながら、導入を検討してみましょう。

また場所の問題もあるため、やや現実的にこれからすぐに、、、というのは難しいかもしれませんが、リフォームなどを検討されているかたは導入する事も視野に入れるのが良いでしょう。

ワンポイントアドバイス
太陽光発電システムの導入前に、複数の業者から見積もりを取り、比較検討することが重要です。

【暑さ対策編】エアコンなしでも涼しく快適に!

【暑さ対策編】エアコンなしでも涼しく快適に!

扇風機を賢く活用!

扇風機の前に凍らせたペットボトルを置く、扇風機の風を壁に当てて反射させるなど、ひと工夫で涼しさをアップできます。

ワンポイントアドバイス
扇風機を窓に向けて設置すると、外の涼しい空気を取り込むことができます。

換気は朝晩が効果的!

朝晩の涼しい時間に窓を開けて換気し、日中はカーテンやブラインドで直射日光を遮りましょう。

ワンポイントアドバイス
換気扇を併用すると、より効率的に換気できます。

打ち水で涼を呼び込む!

打ち水で涼を呼び込む!

庭やベランダに打ち水をすると、水が蒸発する際に周囲の熱を奪うため、涼しく感じられます。

ワンポイントアドバイス
打ち水をする時間帯は、日中の暑い時間帯よりも、朝夕の涼しい時間帯がおすすめです。

こまめな水分補給を忘れずに

水分補給は、体温調節に役立ちます。冷たい飲み物だけでなく、温かいお茶も効果的です。

ワンポイントアドバイス
水分補給には、麦茶やスポーツドリンクなど、塩分が含まれているものがおすすめです。

涼しい服装で快適に!

涼しい服装で快適に!

通気性の良い素材の服を選び、体を締め付けないゆったりとした服装を心がけましょう。

ワンポイントアドバイス
麻や綿などの天然素材は、吸湿性や通気性に優れているため、夏におすすめです。

【便利グッズ編】暑さ対策をサポート!

【便利グッズ編】暑さ対策をサポート!

ネッククーラー/ネックファンで首元ひんやり!

首元を冷やすことで、効率的に体温を下げられます。充電式や水に浸して使うタイプなど、様々な種類があります。

THANKO ネッククーラーNeo TK-NECK2-WH ホワイト

新品価格
¥4,500から
(2024/6/18 23:30時点)

冷感敷きパッド/タオルケットで寝苦しい夜も快適に!

接触冷感素材を使用した寝具は、ひんやりとした肌触りで寝苦しい夜を快適に。

おすすめ商品: 西川 接触冷感 敷きパッド、ニトリ Nクール

ハンディファン/卓上扇風機でいつでもどこでも涼風を!

いつでもどこでも手軽に涼風を楽しめます。USB充電式やミスト機能付きなど、多機能な商品も。

遮熱カーテン/UVカットフィルムで日差しをシャットアウト!

日差しを遮ることで、室内の温度上昇を抑えられます。

保冷剤/アイスノンでピンポイント冷却!

凍らせて使う保冷剤やアイスノンは、首や脇の下など、太い血管が通る場所を冷やすのに効果的です。

アイスノン 首もとひんやり氷結ベルト カバー付き

新品価格
¥560から
(2024/6/18 23:42時点)

【裏ワザ編】知って得する!エアコンなしで涼しくなる方法

【裏ワザ編】知って得する!エアコンなしで涼しくなる方法

濡れタオルを凍らせてクールダウン!

濡らして固く絞ったタオルを凍らせ、首に巻いたり体に当てたりすると、ひんやり感が持続します。

ワンポイントアドバイス
タオルを凍らせる際は、ジップロックなどの密閉袋に入れると、冷凍庫内のニオイ移りを防ぐことができます。

扇風機の前に凍らせたペットボトルで涼風!

扇風機の前に凍らせたペットボトルや保冷剤を置くと、冷たい風を送ることができます。

ワンポイントアドバイ
ペットボトルを凍らせる際は、水を入れすぎると膨張して破裂する恐れがあるため、8割程度までにしておきましょう。

ミストシャワーで手軽にクールダウン!

庭やベランダにミストシャワーを設置すると、水が蒸発する際に周囲の熱を奪うため、涼しく感じられます。

ワンポイントアドバイス
ミストシャワーは、エアコンの室外機に水をかけると、冷却効果を高めることができます。

観葉植物で涼しげな空間を演出!

観葉植物は、葉から水分を蒸散させることで周囲の温度を下げる効果があります。また、緑の葉は視覚的にも涼しげな印象を与えます。

ワンポイントアドバイス
エアコンの風が直接当たらない場所に置き、こまめに葉水をすると、より効果的に涼しさを得られます。

おすすめ観葉植物
パキラ、ポトス、サンスベリア、モンステラ

すだれやよしずで日差しをカット!

窓の外にすだれやよしずを設置することで、日差しを遮り、室内の温度上昇を抑えられます。また、風を通すので、涼しい風を取り込むこともできます。

ワンポイントアドバイス
すだれやよしずは、天然素材のものや、遮光性の高いものがおすすめです。

濡れたカーテンで涼風を!

窓辺に濡れたカーテンを吊るすと、風がカーテンを通る際に水分が蒸発し、涼しい風を室内に取り込むことができます。

ワンポイントアドバイス
カーテンを濡らす際は、霧吹きを使うか、軽く湿らせる程度にしましょう。

氷を活用して涼しく!

氷を入れたボウルやバケツを扇風機の前に置くと、冷たい風を送ることができます。また、氷枕や冷却シートを活用するのも効果的です。

ワンポイントアドバイス
氷を作る際は、製氷皿に水を入れすぎると、氷が膨張して製氷皿が割れる可能性があるため、注意しましょう。

照明を間接照明に!

照明を間接照明にすることで、室内の温度上昇を抑えられます。また、間接照明はリラックス効果もあるため、心地よい空間を演出できます。

ワンポイントアドバイス
間接照明には、LED電球を使用すると、さらに節電効果を高めることができます。

窓に断熱フィルムを貼る!

窓に断熱フィルムを貼ることで、日差しを遮り、室内の温度上昇を抑えられます。また、冬は暖房効率を高める効果もあります。

ワンポイントアドバイス
断熱フィルムは、UVカット効果のあるものがおすすめです。

風鈴の音で涼を感じる!

風鈴の音は、涼しげな気分を演出してくれます。また、風鈴の音は、風を感じさせてくれるため、体感温度を下げる効果も期待できます。

ワンポイントアドバイス
風鈴は、ガラス製や金属製など、様々な素材のものがあります。お気に入りの風鈴を見つけて、夏の風物詩を楽しんでるのも風情があって楽しいですよ。

これらの節電・節約術や暑さ対策を参考に、今年の夏を賢く、そして快適に過ごしましょう!

それでは、また次回の記事でお会いしましょう。
以上、ぴろ君でした!