【手取り20万円】一人暮らしでも安心!賢い家計管理と貯蓄術で理想の生活を実現

【手取り20万円】一人暮らしでも安心!賢い家計管理と貯蓄術で理想の生活を実現
この記事を書いた人
ファイナンシャルプランナー
ぴろ君

FPとしてお金にまつわる知識や情報を発信しています。
家計管理や資産運用、ライフプランニングなど、お金の様々な悩みや問題解決のお手伝いをいたします。

【経歴】
現在昼間は会社員として働いていますが、お金の苦労を経験したことをきっかけにFPの資格を取得。
AFP認定を受け、ファイナンシャルプランナーとして活動を開始しました。
現在は大学で経営・経済を学びながら(在学中)、FPとしての知識をさらに深めています。

【資格】
AFP(日本FP協会認定)
【得意分野】
家計管理
資産運用
ライフプランニング
教育資金
老後資金

【メッセージ】
お金の悩みは誰にでもあります。私自身、お金で苦労した経験があるからこそ、あなたの悩みに寄り添い、解決に向けて全力でサポートいたします。お気軽にご相談ください。

ぴろ君をフォローする

手取り20万円で、本当に生活していけるの?」「貯金なんて夢のまた夢…

そんな不安を抱えているあなたへ。この記事では、手取り20万円の一人暮らしでも、安心かつ豊かな生活を送るための家計管理術と貯蓄術を徹底解説!理想的な家計の内訳、賢く節約するコツ、貯金を増やす裏技まで、役立つ情報が満載です。

この記事を読めば、手取り20万円でも貯金を増やし、夢や目標に向かって一歩踏み出せるはずです。ぜひ最後まで読んで、明日からの家計管理と貯蓄に役立ててください。

手取り20万円でも生活できる!【データで解説】

手取り20万円でも生活できる!【データで解説】

総務省統計局の「家計調査報告(家計収支編)2023年(令和5年)平均結果の概要」によると、単身世帯(勤労者世帯)の平均的な収入と支出は以下のようになっています。

  • 収入
    • 実収入:259,537円
    • 可処分所得:212,204円
  • 支出
    • 消費支出:175,910円

このデータから、手取り20万円は平均よりもやや低いものの、決して無理な金額ではないことがわかります。

むしろ、全国の単身世帯の約4割が手取り20万円以下で生活しているというデータもあり、適切な家計管理を行えば、ゆとりのある生活を送ることが十分可能です。

理想的な家計の内訳【手取り20万円】

手取り20万円の一人暮らしで、貯金をしながら安定した生活を送るための理想的な家計の内訳を紹介します。

費目金額備考
住居費55,000円家賃・共益費・駐車場代など
食費25,000円自炊を基本に、外食は週1回程度
水道光熱費8,000円節約を意識して
通信費4,000円格安SIMやWi-Fiを活用
日用品費3,000円100円ショップなどを活用
交際費10,000円友人との食事・デート代など
娯楽費10,000円趣味・旅行・習い事など
医療費3,000円定期的な健康診断も忘れずに
保険料5,000円必要最低限の保障で
衣服・美容費7,000円おしゃれも楽しみながら
貯金40,000円毎月必ず貯金!

合計:200,000円

内訳のポイント

  • 住居費は抑えめ
    手取り20万円の場合、家賃は55,000円以下に抑えるのが理想的です。
  • 食費は自炊中心
    自炊を基本にすることで、食費を大幅に節約できます。
  • 固定費を見直す
    通信費や保険料など、毎月必ずかかる固定費を見直すことで、節約効果が大きいです。
  • 毎月必ず貯金
    貯金は先取りで行うのがおすすめです。
  • 無理のない範囲で
    上記の内訳はあくまで目安です。自分のライフスタイルに合わせて調整しましょう。

【費目別】賢く節約する25選

【費目別】賢く節約する25選

各費目ごとに、賢く節約するための具体的なテクニックを紹介します。

住居費

  1. 郊外や駅から少し離れた場所に住む
    都心から少し離れるだけで、家賃を大幅に抑えられます。
  2. 築年数が古い物件を選ぶ
    新築にこだわらず、築年数が古い物件も検討してみましょう。
  3. ロフト付き物件を選ぶ
    ロフトがあれば、収納スペースが増えて部屋を広く使えます。
  4. 敷金・礼金なしの物件を探す
    初期費用を抑えることができます。
  5. シェアハウスを検討する
    家賃や光熱費を節約できるだけでなく、新しい出会いも期待できます。
  6. 定期的に家賃交渉をする
    更新のタイミングで家賃交渉をすることで、家賃を下げられる可能性があります。
  7. 自治体の家賃補助制度を利用する
    条件を満たせば、家賃の一部を補助してもらえる制度があります。

食費

  1. 自炊を基本にする
    外食やコンビニ弁当はできるだけ控えましょう。
  2. 安いスーパーを利用する
    業務スーパーやディスカウントストアを活用しましょう。
  3. 食材をまとめ買いする
    週末に1週間分の食材をまとめ買いすることで、無駄な買い物が減ります。
  4. 冷凍食品を活用する
    冷凍野菜や冷凍ご飯は、忙しい時に便利です。
  5. お弁当を作る
    昼食はお弁当を持参することで、食費を大幅に節約できます。
  6. 食費管理アプリを使う
    食費管理アプリを使うことで、支出を把握しやすくなります。
  7. ポイントカードを有効活用する
    ポイントを貯めて、商品と交換したり割引に使ったりしましょう。

水道光熱費

  1. こまめに電気を消す
    使っていない電気をこまめに消す習慣をつけましょう。
  2. 節水シャワーヘッドを使う
    シャワーの水量を減らすことができます。
  3. エアコンの設定温度を調整する
    夏は28℃、冬は20℃を目安に設定しましょう。
  4. 冷蔵庫の開閉回数を減らす
    冷蔵庫の扉を開けるたびに、冷気が逃げてしまいます。
  5. 電気会社を切り替える
    新電力会社に乗り換えることで、電気料金を安くできます。
  6. 省エネ家電を選ぶ
    省エネ家電を選ぶことで、電気代を節約できます。
  7. 太陽光発電を導入する
    太陽光発電を導入することで、電気代を大幅に削減できます。

通信費

  1. 格安SIMに乗り換える
    大手キャリアよりも毎月の料金を安くできます。
  2. スマホのプランを見直す
    自分に合ったプランを選びましょう。
  3. Wi-Fiを活用する
    外出先では、無料Wi-Fiスポットを活用しましょう。
  4. 不要なオプションを解約する
    キャリアメールやセキュリティソフトなど、不要なオプションは解約しましょう。

【貯蓄を増やす】3つの裏技

【貯蓄を増やす】3つの裏技

手取り20万円でも、貯蓄を増やすための裏技を紹介します。

  1. ポイ活を始め
    ポイントサイトやアプリを利用して、ポイントを貯めて商品や現金に交換しましょう。
  2. 副業に挑戦する
    空いた時間を利用して、副業に挑戦してみましょう。
  3. 投資を始める
    少額から始められる投資信託や積立NISAなど、リスクを抑えながら資産を増やせる方法もあります。

手取り20万円でも安心!豊かな生活を

手取り20万円の一人暮らしでも、賢い家計管理と貯蓄術を身につければ、安心して豊かな生活を送ることが可能です。

この記事で紹介した家計の内訳、節約テクニック、貯蓄の裏技などを参考に、ぜひあなたも理想の生活を実現してください。

それでは、また別の記事でお会いしましょう。
以上、ぴろ君でした!