【国税庁も真っ青!?】税金対策のプロが教える「合法」~節税テクニック大全集~

【国税庁も真っ青!?】税金対策のプロが教える「合法」~節税テクニック大全集~
この記事を書いた人
ファイナンシャルプランナー
ぴろ君

FPとしてお金にまつわる知識や情報を発信しています。
家計管理や資産運用、ライフプランニングなど、お金の様々な悩みや問題解決のお手伝いをいたします。

【経歴】
現在昼間は会社員として働いていますが、お金の苦労を経験したことをきっかけにFPの資格を取得。
AFP認定を受け、ファイナンシャルプランナーとして活動を開始しました。
現在は大学で経営・経済を学びながら(在学中)、FPとしての知識をさらに深めています。

【資格】
AFP(日本FP協会認定)
【得意分野】
家計管理
資産運用
ライフプランニング
教育資金
老後資金

【メッセージ】
お金の悩みは誰にでもあります。私自身、お金で苦労した経験があるからこそ、あなたの悩みに寄り添い、解決に向けて全力でサポートいたします。お気軽にご相談ください。

ぴろ君をフォローする

こんにちは、ぴろ君です!

まさか、あなたはまだ損してませんか?知らないと大損する節税の基礎知識

「税金が高すぎる!」

そう嘆くあなた。実は、合法的に税金を減らす方法があるんです。

でも、国や役所は教えてくれませんよね?

そこで今回は、元国税調査官も顔負けの節税のプロが、とっておきのテクニックを伝授します!

この記事を読めば、あなたも今日から節税マスター

もう税金で悩む必要はありません。

※本ページにはプロモーションを含みます。

そろそろ気づきませんか?払わなくていい税金を払い続けていることに…

そろそろ気づきませんか?払わなくていい税金を払い続けていることに…

あなたは、毎年いくら税金を払っていますか?

実は、その中には「払わなくてもいい税金」が隠れているかもしれません。

例えば…

  • 生命保険料控除
  • ふるさと納税
  • 医療費控除
  • 住宅ローン控除

これらは、ほんの一例です。

これらの控除や制度を活用すれば、数万円~数十万円も税金が安くなることも!

「そんなの面倒くさい…」

そう思ったあなた。

安心してください。

この記事では、誰でも簡単にできる節税方法をわかりやすく解説します。

【初心者必見】今日からできる!サラリーマンでもできる5つの節税術

【初心者必見】今日からできる!サラリーマンでもできる5つの節税術

iDeCo(個人型確定拠出年金)で老後資金を貯めながら節税!

iDeCoは、自分で毎月掛け金を積み立てていく私的年金制度です。

  • 掛金が全額所得控除になる
  • 運用益が非課税になる
  • 受け取り時に税制優遇がある

など、節税効果抜群の制度です。

NISA(少額投資非課税制度)で投資デビュー&節税!

NISAは、年間120万円までの投資で得た利益が非課税になる制度です。

  • 投資初心者でも始めやすい
  • リスクを抑えながら節税できる

iDeCoと組み合わせることで、さらに節税効果を高めることができます。

ふるさと納税で豪華返礼品をゲット&節税!

ふるさと納税は、好きな自治体に寄付をすることで、税金の控除を受けられる制度です。

  • 実質2,000円の負担で豪華な返礼品がもらえる
  • 控除上限額までなら、いくら寄付してもお得

ただし、返礼品選びには注意が必要です。

医療費控除で医療費の負担を軽減!

1年間の医療費が10万円を超えた場合、医療費控除を受けることができます。

  • 医療費の領収書は必ず保管しておくこと
  • セルフメディケーション税制との併用も可能

家を買って住宅ローン控除をゲット!

住宅ローン控除は、住宅ローンを利用して家を購入した場合に受けられる税金控除です。

  • 最大400万円の控除が受けられることも
  • 省エネ住宅ならさらに控除額がアップ

【上級編】これであなたも節税マスター!ワンランク上の節税術

【上級編】これであなたも節税マスター!ワンランク上の節税術

配偶者控除・扶養控除を賢く活用!

配偶者や扶養家族がいる場合、控除を受けることができます。

  • 所得制限に注意が必要
  • パート収入が多い場合は要注意

生命保険料控除で保険料を節約!

生命保険料を支払っている場合、控除を受けることができます。

  • 保険の種類によって控除上限額が異なる
  • 個人年金保険料控除との併用も可能

小規模企業共済で個人事業主も節税!

小規模企業共済は、個人事業主向けの退職金制度です。

  • 掛金が全額所得控除になる
  • 受け取り時に税制優遇がある

副業で収入を増やしつつ節税!

副業を始めると、経費計上することで節税効果が期待できます。

  • 経費になるものとならないものをしっかり把握すること
  • 確定申告が必要になる場合もある

税理士に相談して最適な節税プランを提案してもらう!

自分だけで節税対策をするのが難しい場合は、税理士に相談してみましょう。

  • 専門的な知識に基づいたアドバイスがもらえる
  • 複雑な税務処理も任せられる

寄付金控除で社会貢献&節税!

認定NPO法人などへの寄付は、寄付金控除の対象になります。

  • 控除上限額は所得の40%
  • 確定申告が必要になる場合もある

太陽光発電でエコ&節税!

自宅に太陽光発電を設置すると、売電収入を得ながら節税もできます。

  • 固定価格買取制度を活用することで安定収入が得られる
  • 補助金制度もある

不動産投資で家賃収入&節税!

不動産投資は、家賃収入を得ながら減価償却費などを計上して節税できます。

  • 物件選び資金計画が重要
  • 不動産投資ローンを活用する方法も

海外移住で税金を抑えるという選択肢も!

一定の条件を満たせば、海外移住によって日本の税金を抑えられる可能性があります。

  • 所得税相続税の節税効果が期待できる
  • 移住先の税制も考慮する必要がある

税制改正情報を常にチェック!

税制は常に改正されています。

最新情報をチェックして、新しい節税対策を見つけましょう。

  • 国税庁のホームページなどをこまめに確認する
  • 税理士FPに相談する

【最後に】節税は計画的に!無理のない範囲で

節税は、計画的に行うことが大切です。

無理な節税は、かえってをする可能性もあります。

この記事で紹介したテクニックを参考に、あなたにとって最適な節税プランを立ててみましょう。

税金対策は、早ければ早いほど効果的です。

今日から、節税マスターを目指しましょう!